卒業生の声 | 社会起業家をつくるソーシャルビジネススクール

VOICE

ボーダレスアカデミーを卒業し、どう変化したのか、生の声をお届けします。

  • HOME
  • 卒業生の声

卒業生の声

第1期生からの各地のボーダレスメンバーの卒業後含め、アカデミーを通してどのように変化したかお届けいたします。

西原 総司
#第1期 #通学生 #福岡校

– 解決したい社会問題
「孤児の受け入れや教師の確保に資金を捻出できない孤児院の運営状況」

アカデミーに参加して、自分が本当に解決したい社会問題の対象を見つけることができました。通学前はぼんやりとしていたビジネスプランも通学後、対象を見つけることができ、より深くブラッシュアップすることができました。それも田口学長をはじめとする素晴らしい講師の方々や同期の皆さんのおかげです。
卒業後も講師の方々や同期の皆さんの力をお借りしながら社会課題解決に向けて取り組んでいきます!

白坂 大作
#第2期 #通学生 #福岡校

-解決したい社会問題
「単身高齢者の精神的・身体的な孤立の解消」

「事業を通じて、どんな社会を実現したいのか?」自分で徹底的に考え抜き、それを社会起業家を目指す仲間と議論し尽くすという、「お互いのコンセプトをお互いに磨き上げる過程」が、起業をする上でも大きな意味をもたらせてくれました。

有吉 由紀
#第2期 #通学生 #福岡校

-解決したい社会問題
「障害者と健常者が区別されることない地域社会」

通学当初、解決したい社会問題への強い思いはありましたが、ビジネスとして動き出せるのかは立ち上げ経験ゼロでとても不安でした。同期と繰り返すブラッシュアップ、講師の方からの的確なアドバイスのおかげで実現したい事が段々と見えるようになりました。
卒業後もフォローが続くので、1人で悩まず大切な仲間からもアドバイスを仰ぎながら創業に向けて取り組んでいこうと思います!

野村 幸聖
#第2期 #通学生 #福岡校

-解決したい社会問題
「多くのがん患者と家族が絶望の中で生きている現状」

アカデミーに通う事で、自分がやろうとしている事に自信が持てるようになり、最後にはその自信が確信に変わった。長年抱いてきた社会課題解決に向けての思いがビジネスモデルという形で具現化した。同じ志を持ち、共に歩んでくれる、本当に温かい多くの仲間たちにも出会えた。あとは全力でダッシュし、全力で走り続けるだけです!!