No.2 ファイナルピッチ出場者紹介 外村大 | 社会起業家をつくるソーシャルビジネススクール

No.2 ファイナルピッチ出場者紹介 外村大

2019年3月17日(日)開催のJAPANソーシャルビジネスサミット ファイナルピッチ出場者

No.2 外村大(Masaru Hokamura)

解決したい社会問題

高校新卒と企業の採用ミスマッチ

問題意識をもったきっかけ

途上国だけでなく、日本にも(相対的)貧困層が存在する。その事実を知ったことが、私がこの問題に取り組むきっかけになりました。
経済的に厳しい環境に置かれている高校生は、在学中にアルバイトをして家計を支え、大学進学を諦め、高校卒業後に就職するのです。

全体の約7割の生徒が通っている普通科では大学進学のサポートはしていますが、キャリア教育はまだまだ浸透していません。それだけでなく、「職業安定法」や「一人一社制」という大学生の就活とは異なる仕組みが立ちはだかります。高校生が仕事について考え、体験する機会がほとんどなく、採用のミスマッチにつながっているのです。

目指す社会像

私が目指しているのは、高校卒業後すぐに天職に巡り合える社会ではありません。

いっぱい考え、いっぱい失敗し、その過程を通して自分にマッチした仕事に就くことができる。学歴に関係なく、希望を持ち、チャレンジし続けられる社会を創ります。

サミットに向けた意気込み

この社会を実現するために、私は就活中の高校生に向けて長期インターンを提供します。

このビジネスのキーファクターは、徹底的に「寄り添う」こと。進路指導ともナビサイトとも違い、高校卒業前〜卒業後をシームレスにサポートすることで、ミスマッチを軽減することができます。

なぜか?詳しくはJAPANソーシャルビジネスサミットでお話します。同じ志を持った仲間とともに、必ずビジョンを実現させます。ぜひ会場でお会いしましょう!

日本を代表する起業家が集結!
本格的な社会起業スクール
ついに誕生!
社会起業プログラムを見る

関連記事一覧