【卒業生のその後】ケニアで「自走型孤児院」を立ち上げる若き社会起業家! | 社会起業家をつくるソーシャルビジネススクール

【卒業生のその後】ケニアで「自走型孤児院」を立ち上げる若き社会起業家!

ボーダレスアカデミーを卒業した第一期生のその後を紹介する【ボーダレスアカデミー卒業生のその後】。

今回は、19歳の若さでボーダレスアカデミー福岡校に入学、そして卒業後その若さと行動力で起業に向けて爆進する卒業生を紹介させていただきます!

その方は、福岡校の西原総司さん。
初海外の渡航先であったケニアで訪ねた孤児院での子どもたちとの出会いから、ケニアの親がいない貧困にある子どもたちのため、生活する孤児院に寄付に頼らない自走できる仕組みを創るため、ボーダレスアカデミーに入校。その後第一期の同期とともにビジネスプランをブラッシュアップされてきました。その具体的なビジネスモデルとしては、日本の学校にある生き物係からヒントを得て、孤児院で子どもたちと鶏を飼育し、そこで生産された卵を売るというもの。

そして卒業後現在、ケニアで養鶏事業の設備投資への資金調達のためクラウドファンディングに挑戦中されています!
▶西原さんのクラウドファンディングページはこちら

そんな西原さんは先日ボーダレスジャパンの福岡・多の津オフィスに訪問してくださり、ボーダレスアカデミー福岡校の校長である田口と再会、事業の進捗を報告してくれました!ボーダレスアカデミーでは、卒業生の活躍を引き続き応援していきます!

【いよいよエントリー〆切は本日まで!!】
そんなボーダレスアカデミーは現在はエントリー&面接期間真っ最中。日々各校の校長がエントリーいただいたみなさんと面接をしていますが、「社会課題を解決したい!」という熱い志をもったアカデミー生が続々と集まっています。ボーダレスアカデミー第二期にも乞うご期待ください!
※ボーダレスアカデミー第二期のエントリーは4月22日(月)まで。※4/28(日)まで延長しました。
エントリーはこちら

日本を代表する起業家が集結!
本格的な社会起業スクール
ついに誕生!
社会起業プログラムを見る

関連記事一覧