きら星 伊藤綾 | 社会起業家をつくるソーシャルビジネススクール

講師&アドバイザー

ボーダレスアカデミーの講師、アドバイザーの紹介です。

きら星株式会社 代表取締役社長 伊藤綾

きら星 伊藤綾

何かを始めるのに、自分で「言い訳」を作っていませんか?

私が起業をしたのは33歳。起業をしようと決めたのは、2人目の子どもの妊娠がわかった直後でした。約10年間、事業会社に2社勤める中で、結婚、育児・・・とライフステージを進めてきました。このままいけば、1千万プレイヤーにも手が届く。家庭でも、仕事でも、そこそこ上手くやっている。
だけど、どこか心に引っかかることがありました。

「日本のまちを、このままにして、いいのだろうか。」
日本の人口減少問題や、都市の抱える課題、地方の過疎化にどう対応していくか?残された人々は?
タイムリミットのある社会問題は世の中に溢れています。

「そうした問題があるということを知ったとき、あなたはどのように動きますか。
学生だから、経験がないから、お金がないから、家庭があるから、仕事を辞められないから、若くないから。そんなことで思考と動きを止めてはいませんか。
あなたの心の引っかかりやモヤモヤを、そのままにしておくのはもったいないなと思います。あなたが感じた、歪な社会に対する怒りを、悲しみを、悔しさを、様々なことを言い訳にして蓋をしてしまっていてはそれこそ社会にとっては損失です。

アカデミーに入学し、多様な考えに触れることによって、広がる世界があるでしょう。様々な制約条件のもとに、行動をしている先輩たちから学べることが多いでしょう。そして、同じように問題意識を持ちながら、より良い社会づくりに志を燃やす仲間を得て、一生の友ができるかもしれません。

私も未熟な身ではありますが、地方の抱える課題に対して多面的なソリューションを作ってきました。そんな知見や失敗談なども交えて、皆さんに還元できればと思います!ガッツのある同志のご参加お待ちしています。

きら星株式会社 代表取締役社長 伊藤綾
1985年 新潟県生まれ。大学時代に、バブル期に開発されたリゾート地の現状を見て、「まちづくりで地方を元気にしたい」という志を持つ。慶應義塾大学卒業後、(株)日立ソリューションズを経て、イオンモール(株)にて地方の大型商業施設のリニューアルや閉店業務に携わる。人口減少で生活機能が落ちてしまう地方の行く末を案じ、まちづくりをビジネスにして解決できないかと、2019年2月に(株)ボーダレス・ジャパンの出資を受け、きら星を創業。「地方で暮らす人を増やし、消滅可能性都市をなくす」をミッションに、新潟県で移住促進事業を中心に地域活性に取り組んでいる。 ボーダレスグループを牽引する社会起業家の一人。

日本を代表する起業家が集結!
本格的な社会起業スクール
ついに誕生!
社会起業プログラムを見る